ブログトップ

ジブンノミカタ

カテゴリ:社会のコト( 108 )

奈良に住んでいた私が大阪に引っ越してきて、

気になっていることがあるんです。


それは「子育て環境」に違いがあるということです。


違って当たり前な面はあると思うのですが、

こんなに違うと子どもへの影響は大きいと思いました。



‘大阪のノリ’でもあるのかもしれないけど、


「親が子どもにかける言葉遣いが荒っぽい」


お笑いのツッ込み役のように

「なんでやねん!」
「いい加減にしいや!」

などの言葉をよく耳にします。



それに、今はゴールデンウィークだから

しょうがないのかもしれないけど、

ショッピングモールに夜の10時でも

小さい子ども連れの家族がたくさんいるんですね。

ビックリしました!


お出かけ帰りのような親子や、

お家から出てきている親子。



私が住んでいたところは夜の11時まで

開いているお店がなかったからかもしれないですが、

「この子たちは今ここにいたら家に帰って何時に寝るの?」

と思いました。


3歳ぐらいの子どもでも家の玄関先で遊んでいて

道路に出てきてる光景も見ました。




奈良は「教育県」とも言われる地域だったので

塾に行く子どもたちが多く、

外で遊んでいる子どもはあまり見かけないほどだったのですが、

大阪では、楽しそうに自由に遊んでる子どもたちを見ます。

「奈良ではありえへんよな〜」と。。


塾で勉強する(勉強させられている?)子が多いので

学力は高い方ですが、学校での暴力の件数も多かったようです。

奈良は専業主婦が多いのでお母さんたちのストレスも高いから

子どもに八つ当たりしてしまうケースもあり

子どものストレスも高かったのかもしれませんね。



そして、やはり大阪では若〜い夫婦が多いですね。

「お兄さん」や「お姉さん」たちに子どもがいます。

働いているお母さんも多いと思います。



きっと他の都道府県にも

いろんな違いがあるのだろうと思います。


どこがイイとか良くないとかというのではないのですが、

それぞれの地域で、人が抱えている問題や

「夜11時まで店を開けとかないといけないのかな」

などと思う社会の問題などがあり、

そんな環境の中で子どもを育てていくのは、

本当に難しいことだと思いました。



そう言えば・・・

平日の方が泣いている子どもの数が多いような気がしました。

お母さんが一人でいっぱいいっばいになって

泣いてる子どもと頑張ってるんですよね。


お母さんも少しでもラクになって欲しいし、

子どもたちも楽しく過ごせる毎日であって欲しいですね056.gif



c0191985_0431671.jpg
[PR]
by tkei-heart | 2012-05-06 00:45 | 社会のコト | Comments(2)

世の中には「怖い子育て法」を

教えていらっしゃるところもあるのですね。



例えば・・・

おもちゃを全部片付けられなくて、

何度言っても片づけなかったら

おもちゃを捨てることを伝えるんですって〜!



怖〜ッ!( ̄ロ ̄;)



これって、結局、

親の言うことを聞いてもらうための「脅し」だと思うんですけど、

脅してもいいから片づけさせろ!ってことですかね?

「捨てる」って言われたら片づけるでしょ。

子どもを支配し服従させていますよね。



こんなふうに言われて育った子どもは

きっと、友達にも同じことを言うでしょうね。



こういう育て方は広まらないで欲しいです。
[PR]
by tkei-heart | 2012-04-27 00:56 | 社会のコト | Comments(0)

子育ての相談をする人としない人がいるよな〜と思って、

どんな人が子育ての相談をして

どんな人がしないのかな〜と考えてみると、




人に相談する人は、


子どもと接することがしんどいと思う人。


子どもが自分のように生き辛くなって欲しくないと思う人。


子どもが言うことを聞いてくれなくて困っている人。


子どもが問題を起して困っている人。。。



私の場合は、子どもの人生を大切にしたかったので、

どんな言葉をかけることや

どう関わることが適切なのかが知りたくて

相談していました。




そして、子育ての相談をしない人は、


しんどいけど人には言えない人。


人に相談すると今までの子育てを否定されるんじゃないかと思う人。


こんなもんだと思っている人。


無意識に自分と向き合いたくない人。向き合えない人。


親と子に上下関係がある人。


子どもが言うことを聞かないのが悪いと思っている人。


家庭の話を外でしてはいけないと教えられてきた人。



などなど、これもまたいろんな方がいると思います。




相談をしない人は、

問題がないからしないのではなくて、

あり過ぎてできない人や

不安が高い人が多いようです。



相談する人が周りにいない人もいると思いますが、

人に話を聴いてもらうと、

自分のこと、子どものことが明らかに見えてきて

気づいてなかったことに気づけたり、

ストレスをためこまなくてすんだり、

もやもやイライラしている気持ちが減るので

行政の相談なども利用して欲しいと思います。



でも、相手を間違えると余計にイライラすることもあるので

安心できる人に相談するのが一番ですね001.gif




人に相談する人としない人では

親も子どもも大きく違いができてくるので

親の問題を子どもに引き継がないようにしないためにも

人に話すということを大切にして欲しいなと思います。


c0191985_12321336.jpg
[PR]
by tkei-heart | 2012-04-12 12:39 | 社会のコト | Comments(0)

うわぁ〜、ビックリした!!

何コレ?!と思うことが書いてある育児本が

信頼されているような出版社から出ていました。



子どもの視点からではなく、

親の都合が正当化するような言葉で書かれていると思いました。



この著者はそう思われるのでしょう。


そのように育てられたのでしょうか。



子育てに困っている親が読んでこの通りに実行してしまうと

エラいことになるやん!と私は思いました005.gif


気になった方はこちらをどうぞ。→ 


信じるか信じないかは読み手次第です。



c0191985_15533420.jpg
[PR]
by tkei-heart | 2012-03-25 15:52 | 社会のコト | Comments(2)

「こんな高校があったんや005.gif」と思うほど

大好きな高校があります016.gif


港南造形高等学校

 社会に出て生きていくために必要なことを
    「美術」を通じて学んで下さい。


と言ってくれる学校です058.gif


その学校の卒業制作展、
「港南展」に行ってまいりました!

色んなジャンルありの卒業制作展です。

洋画、日本画、版画、彫刻立体、
イラスト、絵本、グラフィックデザイン、
プロダクトデザイン、スペースデザイン、
染織、木工、漆芸、陶芸、金属、ガラス



こちらの学校では、一年生で全分野をやってみて
2年生でどの分野にするか選択して学習し
そして、3年生で1年かけて卒業制作品を作るのだそうです056.gif


c0191985_2328239.jpg



c0191985_23274188.jpg


印象に残った作品をいくつか写真に撮らせてもらいました。
(作者とタイトルを覚えているのだけ書かせて頂きました)

〜【洋画】〜
吉田 慧さん作 「こばやし君」
c0191985_23282666.jpg

「こばやし君」にお会いしたことはないですが、
きっと、めっちゃ「こばやし君」なんだろうなと思いました001.gif



上地拓弥さん作 「溢れ出す、溢れてる。」
c0191985_0374367.jpg

こちらの作品は会場で見ると真っ紺に見え、
よく見ると海の中にほ乳類のような生き物が見えました。
写真で撮ると周りの色が浮き出されて見えたのでマジックみたいでした。
こんなに色を変えて描いてはったんや〜と驚きです! 005.gif





〜グラフィックデザイン〜
佐々木涼平さん作 「NEWグラム」
c0191985_23293757.jpg

これなら赤信号で止まりますわ〜(^_^;)
考えるだけで楽しそうです♪




深江 知大さん作「TIME」
c0191985_23302710.jpg

作者が書かれていました。
《CONSEPT》
僕たちは、よく言われる。
 君たちの手で世界は変えられる。
しかし、それは今まで大人が残してきた
たくさんの問題(バクダン)を子どもたちに押し付けるための口実ではないか?

〜〜〜

次の世代に渡すのはバトンバクダンか?

この言葉、ドキッとしますよね。
高校生でよく気づかれていると思いました。




〜イラストレーション〜
小阪瑞稀さん作 「性格の長所≒短所」
c0191985_2330266.jpg

私がこのことを知ったのは30歳を超えてからでした。
高校生でもう既にこのことを知っていると生きやすくなりますよね。
スゴいですね




〜木工〜
和氣 梨々子さん作「イスの家族」
c0191985_23314929.jpg

ゆらゆらと揺れるようになっているのですが、
こちらの作品をゴロンゴロンとかなり激しく動かして
「可愛い〜!!」とつぶやいている女の人がいたんです。
「あんなに動かしていいんかな〜」と思ってたんですが、
こちらの学校の先生でした003.gif
温かみがある作品ですね。




古川 貴志さん作 「木の上にも3年」
c0191985_2332049.jpg
今すぐにも売れますよね。
欲しいです(^▽^)/




林 穂奈美さん作 「なまざかな」
c0191985_23321734.jpg

歯車を手で動かせてもらったのですが気持ちよかったです016.gif
丁寧に作られていました。




〜染職〜

c0191985_23324029.jpg

遠目で見ていたのでお名前がわからないのですが、
キレイな配色だな〜と思いました001.gif





〜版画〜
c0191985_23363658.jpg

最初見たとき絵だと思ったのですが、
版画だと知りびっくりです。こんなに細かくできるのですね!!
名前がわからなくてごめんなさい(>_<)




〜金工〜
倉本 清香さん作 「木漏れ日」
c0191985_2337295.jpg

暖かい灯りでした。きっと優しい方が作られたんだろうなと思いました016.gif




いろんなジャンルがあるので見ごたえがありました。

自分の作品を作ると自分と向き合うことになるので
美術の学校ですが、卒業して心理学を勉強する生徒さんもおられるそうです。

こちらの先生方も魅力的で上から目線じゃない方ばかりです。
「こんな大人の人もいる」という意味でも
生徒さんは何かに気づくことが多いと思います。

憧れの先生がいる学校ってあまりないですよね。
居心地の良い学校です。


こちらの卒業生の方が将来どんなお仕事をされるのか楽しみです!058.gif











[PR]
by tkei-heart | 2012-02-14 10:12 | 社会のコト | Comments(2)

来月引っ越すのでマンションを探したり、

引っ越し屋さんをどこにするか探したりしているのですが、

3月って引っ越し代が普段の何倍もになってくるので

引っ越し日を選べるものなら選んだ方が良いです。

一週間違うだけ、1日違うだけでも半額になるんですって〜!!005.gif


私の場合は、3月15日以降でしか移動ができないので

マンションの契約日もその日に合わせて決めてました。

次は引っ越し屋さんに見積もりをとってもらおうと、

無料見積もりをネットから申し込んでみたのですが、

そこで5〜6社から一斉に見積もり料金がメールで届きました。


3月に引っ越しされる方は気をつけて下さい!!

ここで出される見積もり金額は3月の時期の料金ではないのです。


営業力がある会社からはすぐに電話がかかってきますし、

メールもバンバンきます。


私の場合はオプションで頼みたいものもあったので、

実際の見積もり料金は、

メールで書かれていた金額の5倍ぐらいになってました!!( ̄▽ ̄;)!!


どこも同じような金額を出してきたので

そんなモノみたいです。


それに、今は引っ越し業者さんがプロバイダーさんと提携していて、

新規で指定のプロバイダーと契約したら

引っ越し代を何万円も負担してくれるキャンペーンをしているようで

ウソみたいに安い金額を出してくる業者もありました。

他の業者さんにこの話をすると、

「シルバーの方が来るときがあるようなので
 そういうのかもしれないですね。
 大きな冷蔵庫だったら持てないっすよね」とのこと。


見積もりを申し込んだウェブサイトの会社でも

同じことをしていて、

いきなり電話がかかってきて、

「今お申し込みされると25000円がキャッシュバックされます!」

出費が重なるので心が動かされるのですが、

なんか…、怖いですよね。008.gif

ちなみにキャッシュバックされるのは4ヶ月後らしいです。


プロバイダー契約込みで安く見積もってきた業者さんには

「安すぎるので止めます」と言って断わりました。


何年も引っ越してなかったので

プロバイダーの数も増えているし、

いろんなこと考えてくるな〜と思いました。


引っ越し業者は大手の会社の方が

高い金額からうんと下げてくるのですが、

稼ぎ時なのでバイトの人も雇っているから

来てくれるスタッフの人が

全員が経験が豊富な方でもないみたいです。

松竹梅ぐらいでメンバーを組まれてるのかもしれませんね。


有名ではないかもしれないけど

専門的な引っ越し業者の方が質がイイかもしれません。

でも、料金は決められてるところまでしか下げれない感じでした。

大手の会社より高かったです。



結局、引っ越しは高校時代の友人の会社で

安くしてもらえることになったのでよかったのですが、

3月に引っ越したことがなかったので

引っ越し代金にはビックリしましたね。


前もっていろいろ調べておく方がいいようです001.gif



c0191985_0193890.jpg
[PR]
by tkei-heart | 2012-02-05 00:20 | 社会のコト | Comments(0)

「禁止令」のこと。

【朝日新聞デジタルのニュースより】

学生に「マクド禁止」 
関西学院大、近くの店の苦情受け


関西学院大学(兵庫県西宮市上ケ原一番町)の近くのマクドナルドの店舗に長く居座って迷惑がかかっているとして、大学が学生に、店へ行かないよう求める通知を出していたことが19日、わかった。同社は「学生のマナーの改善をお願いしたが、出入り禁止までは求めていない」と困惑している。

 関学大によると、店長から16日、「学生が試験勉強のため、店内に長居して迷惑だ」「飲食物を持ち込んでいる学生もいる」と苦情があったという。大学はこの日、学生用のネット掲示板に「関学生の出入りを禁止にするとのことですので、同店の指示に従ってください」という通知を掲載。

 ただ翌日、大学は「マクドナルドだけでなく、ほかの店でも同じ注意喚起が必要」と判断し、店名を載せない文章に差し替えた。



この話は一見、学生にモラルがないから

お店側も大学側も困っているように思うのだと思いますが、

学生だけが悪いのではないと思う。。。



大人は子どもが何か悪いことをしたら

「禁止令」を出すけど

「禁止令」を出されてきた人がそうするのだと思う。


そういうコミュニケーションしか知らないってことでしょう。



学生さんが試験勉強をするのは悪いことではないけど

お店で長い時間居座ることや

持参した飲み物を飲まれるとお店側が困ってるってことですよね。


「何度注意してもやめてくれない」という話はここには書かれてないので

実際のことはわからないけど、

何度も注意しているように思わないです。

直接学生さんに注意するのも怖い店員さんもいるだろうから

大学側に言ったんでしょうね。


お店の人がルールを決めて

店内に張り出したり

学生さんたちとコミュニケーションをとることで

こんなニュースにはならなかったと思います。



大学側の学生への通知も‘学生用のネット掲示板’に

「指示に従って下さい」って、

これもなんとも言えない対応だな〜と思いました。



中学生も同じようなことをしますが、

「禁止令」だけ出してるから

大人も子どももこうなるみたいです。


もっと深いとこまで考えたいですね001.gif


c0191985_2375878.jpg
[PR]
by tkei-heart | 2012-01-29 02:41 | 社会のコト | Comments(2)

毒で作られたエネルギー

子育て支援をしているグループの方と話す機会があり

放射能汚染のことで赤ちゃんがいる若いお母さん方の様子を

聞いてみました。



東北や関東の方から西日本に避難してきている方が

多いようなのですが、

がれき受け入れの問題などが出てきて

また悩まされているとおっしゃってました。



がれきや汚染された食べ物の問題は

どこの人でも不安になっていることだと思います。


「子育て広場」に集まるお母さん方の中でも

敏感になって気をつけている人と

全くそうでない方がいるとのこと。


大人でも汚染されてるかもしれない食べ物を食べたくない人と

気にせずに食べれる人がいるので

どっち側の大人が自分の親かで

子どもたちの『自分を大切に』して育つかどうかが

変わってくると思います。



極端な話になりますが、

日常生活が「愛で作られたエネルギー」で育つか、

「毒で作られたエネルギー」で育つか、

大きな違いが出てきます。



言葉も同じです。

毒を吐かれた子どもは同じように毒を吐きます。

心にたまった毒を出さずにはおられないからですよね。



「毒で作られたエネルギー」が心や体の中にある人が

今の自分を守るために

ウソをつかずにはおれないのかもしれないけど、

毒を巻き散らされると毒が広まるんですよね(>_<)



時間が解決してくれることはないので

ひとりひとりが自分の中の毒に気づくしかないように思います。



そして、愛のある信頼できる情報は

自分でとりにいった方が良さそうです058.gif


『子どもを守ろうSAVE CHILD』より
  ↓↓↓
【食品】農家のせいにすんなハゲ(福島県の農家の婿さんのツイートなど)


c0191985_9101848.jpg
[PR]
by tkei-heart | 2011-11-07 09:14 | 社会のコト | Comments(0)

性教育の話を・・・

思春期真っ只中の中学生と、

保護者が一緒に「性教育の講演会」を聞くのは、

子どもが嫌だと思うので、

別々にした方がいいと思うのだけど、

そんな学校もあるらしいです。



どんな話をするのか知りませんが、

私が保護者だったら行きませんね。

子どもが可哀想ですわ。



例えば、性教育の番組があったとして、

それを一緒に見るのと同じってことですよね。

親が見ようとしても子どもは席を外すと思います。

子どもは一人で見たいですよね。



どんな講演だったか、子どもが聴いた話を知っておくために

プリントをもらって読んでおくだけで十分です。



世の中、いろんな考えの人がいて当然だとは思いますが、

子どもに関わることでこんな話を聞くと

エーーーーッ!!って思ってしまいます005.gif



子どもの気持ちがわからないからだと思うのですが、

そういう大人にどう伝えても理解してもらえないことが多いです。
[PR]
by tkei-heart | 2011-11-03 00:52 | 社会のコト | Comments(0)

受けてみたい授業☆

どこから辿りついたのか覚えていないのですが、

山崎正明先生という北海道で中学校の美術を教えていらっしゃる方のブログを見つけました。

『美術と自然と教育と』

「こんな授業をやってくれはる先生がいるんや〜016.gif」と、

うれしくなりました!   

と同時にうらやましく思いました(^_^;)


「どんな作品ができたか、よりも、何を学んでいるのか」


こんな先生に出逢ったことないです。

「フツーの中学校でこんな授業してくれるんや」と思いました。



もし私がこんな先生に出逢っていたら、

もっとやってみたいことや好きなことが増えていただろうし

もっと自分のことが好きになっていたように思います016.gif



美術の授業を通じて

「人」として大事なことを教えてもらっている

子どもを育ててくれている授業だと思いました。



美術は自分自身が表現できるので

本当は心や体にイイ授業なんですよね056.gif



あっ、今思い出しましたが、
小学校の図工の先生で楽しい授業をしてくれる先生がおられました!
図工の先生、最高\(^_^)/




でも、私が知っているほとんどの授業は、

1学期はコレ、2学期はコレというように

何か作品を作るための授業です。


そして、点数をつけられるだけ。



特に中学校の美術の授業はそう思います。

おまけにダメ出しされることだってあります007.gif



何か行事があればカットされる確率が高いのは

音楽や美術の授業ですから

授業時間が少なくなると先生も困ると思いますが、

少ない時間でできた作品は否定しないで欲しいです。

そんな授業だと子どもたちは何を学べてるのか?って思いますよね。



イイ大人の先生に巡り会うと、

自分の中にある気づいていなかった自分を見つけることもできるし、

自信が持てるようになると思います。

どんな感じ方でも肯定してくれる大人の人って

宝くじに当たるくらい出逢えなかったりするので

そんな先生に関わってもらえるというのは

とってもうれしいことです058.gif



山崎先生のような先生がいらっしゃると思うと、

子どもたちが出逢う先生や大人っていうのは、

やはり、大事な存在になるよな〜と思いました。



「親」と同じで、育てられ方違いで

どんな人間になっていくかが左右されますよね。



思春期でしんどい思いをしている子どもたちは、

言いたいことの半分も言えていない子どもが多いと思います。

言えないことを何かを通じて表現して、

外に吐き出して欲しいと思うので

とても貴重な授業だと思いました。


c0191985_21503072.jpg


[PR]
by tkei-heart | 2011-09-25 21:27 | 社会のコト | Comments(2)