ブログトップ

ジブンノミカタ

カテゴリ:大切なこと( 115 )

第64回高校展(大阪府立高等学校美術・工芸展)を

大阪市立美術館に観に行ってきました001.gif

c0191985_15531267.jpg


絵画、版画、工芸、デザイン画などいろんな作品がありました。

私が「いいな〜016.gif」と思った作品を写真に撮らせてもらいました。

まだ他にもあったのですが、その中の一部です。

c0191985_15414646.jpg


c0191985_1543944.jpg



c0191985_15432823.jpg

c0191985_15433264.jpg



c0191985_15474930.jpg


c0191985_15453190.jpg

c0191985_15453179.jpg

c0191985_15454585.jpg



がんばってるよな〜と思う作品ばかりです058.gif

1年生の作品もあるのでホントにスゴいと思います!

c0191985_15502193.jpg

c0191985_15451269.jpg

c0191985_15444996.jpg

c0191985_15452153.jpg

   ↑↑↑
こちらのポスターは、

来年の高校展のポスターになるかもしれない作品の中で

私が「コレ好き!と思った作品です。




工芸品は「こんなん作れんの005.gif」と思うような作品が多かったです。

特に、港南造形高校や工芸高校の生徒さんの作品は、

さすが、専門で学んでいることもあって

クオリティが高くて、

大人っぽくて、

ずっしりしてる感じがしました001.gif



こういう展示会があると、

その中で賞を決められることが多いのですが、

賞がついてなくても

イイ感じ016.gifなのがたくさんあったので、

「私、あなたの作品好きですよ!!」

製作者に伝えて帰りたいくらいだと思いました016.gif



数学のテストだったら誰が採点しても

決められた点数が出てくるけど、

こういうのは、自分を表現してるから

順番はつけれないですよね。

がんばった自分があるだけでイイと思います



刺激になりました058.gif

ありがとう〜(*^・^)ノ
[PR]
by tkei-heart | 2012-08-14 15:59 | 大切なこと | Comments(0)

c0191985_23575447.jpg


先日、ほのかさんのカラーセラピーを受けました!


カラーセラピーは全く初めてだったので興味津々だったのですが、

大発見がありましたよ003.gif


私、子どもの頃にしていた「ぬりえ」などは、

先に縁どりをしっかりとして、


  はみ出してはいけない。

  はみ出したくない。

  キレイに塗りたい。


などと思ってやっていたのですが、

今の私は、そんなもんじゃありませんでした041.gif


線の枠の中を塗るなんてことができなくて、

  これはこのくらいの幅がイイ。とか、

  こんなに細かったら塗りにくい。とか、

   もっと大きくしよう!


なんて感じで、自分の思うがままに色をつけていました。

こんなこと子どもの頃には絶対にしてないことです003.gif



私 実は、小さい頃に

一ヶ月に一度ほど高熱を出している子どもで、

風邪とかではなく原因不明の熱を出してました。


今思うと、あの熱はストレスからきていたように思います。


学校では先生の言うことをきかないといけないし、

部活では上下関係が厳しかったりで、

子どもの頃は、それが当たり前だと思ってやっていたけど

大人になっていろんなことを知ったら

そうじゃないことがわかりました。


今は、極力そういう環境を選ばないようにしています。



カラーセラピーって、無心になれるし、

自分を知ることができるのでイイですね016.gif


自分が塗りたい色が出ないときは、

その色を使おうと思わなかったり、

自分の思うがままに色で表現したらいいので

気持ちがスッキリしました058.gif


カラーセラピーはおすすめします056.gif




c0191985_0231693.jpg




[PR]
by tkei-heart | 2012-06-11 00:30 | 大切なこと | Comments(2)

「子どもに嫌いと言われた!」

このフレーズで検索して、

このブログに辿り着くことがよくあるようなのですが、



「子どもに嫌い」と言われて悩む人ということは、

きっと、子どもだけじゃなく

‘人に嫌われたくない人’なんだと思います。



それはどういうことかと言うと、

「自己肯定感」が高くないのかもしれませんね。

自分に自信がなかったり、

子どもへの接し方にも不安を持ってるんじゃないかなと思います。



それは、そのお母さんがわるいのではなくて、

子どもの頃、自信を奪われるような言葉を

言われ続けてきたと思うので

本来持っていた「自信」を感じることが

鈍くなっているだけなんです。



子どもが「ママ嫌い」というときは

自分の欲求を満たしてくれないときに言います。

言うことを聞いてくれないから

イヤだ〜、言うことを聞いて欲しいという自己表現ですね。



禁止令ばかり出してくる先生や

命令してくる先生、

言うことを聞いてくれない先生のことを

「あの先生嫌いや」と言いましたよね(^_^;)



先生の場合は学校だけの付き合いですが、

親子関係になると、

ショックだったのだと思います。



「嫌い」と言われて、その後どうしているのか

私はそれが気になります。


自信を取り戻せるようになることで

「嫌い」と言われても平気になるので

どうしたら自信を取り戻せるのか?と考えた方が

自分も成長でき、子どもの欲求を受け止めたり、

受け入れることができるようになりますよ016.gif





c0191985_117567.jpg
[PR]
by tkei-heart | 2012-05-22 11:14 | 大切なこと | Comments(0)

「絶対、大丈夫!」

体操の田中理恵さんが

演技の前に自分としゃべってるんだそうです。



「絶対、大丈夫!」って。


私もマネしよう〜と思いました016.gif



そして、最近「ピカソからの助言」というのを

教えてもらったのですが、

今の私は、随分この言葉に助けてもらっていて、

「できる。できる。」

と自分に言いながらがんばってます058.gif





【ピカソから7つの助言】

1. 必ずできると信じろ

「思いついたことは出来る。思いつかないものは出来ない。
 これは避けがたく、明白なことだ。」



2. 限界を超えろ

「私はいつも自分の出来ないことをする。
 どうやればいいのかわかるからだ。」



3. 「その時」を待つな

「インスピレーションは常に存在する。見つけに行くんだ。」



4. 動け

「明日に引き伸ばせば、それは死んでしまう。」
「行動がすべての成功の鍵だ。」



5. 正しく問え

「他の人間はなぜそうなったかを問う。
 私はいつも何ができるのか、なぜできないのかを問う。」


6. ジャッジせず、隠された美を見ろ

「我々は脳をブン投げて、
 ただ目だけで見ることができればいいのだが。」


7. 遅すぎるなんてことはない。

「若さと年齢は無関係。」




自分にとってやりたいことでも

なんだか大変そうで、挑戦するのもしんどそうだし

私にできるかな〜と思いながら

思考はできない方を向いてしまうこともあるんですけど、

やるしかない時は、腹をくくって、

‘できる自分’を信じるとできます。



「絶対、大丈夫!」



c0191985_1213052.jpg










[PR]
by tkei-heart | 2012-05-10 01:28 | 大切なこと | Comments(0)




「ビースオブマインド」ブログ更新しました056.gif

        ↓↓↓

『気持ちを伝えるとラクになれるよ』
016.gif





c0191985_0434922.jpg
[PR]
by tkei-heart | 2012-04-29 00:44 | 大切なこと | Comments(0)


家族のうたより


オダギリジョーさんのセリフ


「我慢なんかすると心が腐るんだよ〜!」




全くその通りだ〜!と思いました058.gif



このドラマ、子どもの頭を叩いたり暴力的なことをするので

それはやめて欲しいと思いますが、

心に響くセリフが結構出てきます016.gif



世の中では「我慢できる子」に育てるのが

当たり前のようになっているのですが、

そんな育て方しちゃ〜人間らしく生きれないです(*´ο`*)

自分を否定されるということですから

自分に自信を持てなくなっちゃいます。


欲求が満たされてこそ成長していくので、

わがままをきいてくれる人に欲求を満たしてもらうのがイイです。



でも、ほとんどの親が同じように我慢させられてきた人なので、

「わがままな子になったらいけないから」と

子どもに言うことをきかせてしまいます。



親のわがままを子どもにきいてもらっていることになるんですよね。

大人が子どもにわがままをきいてもらったら

子どもの心が育たなくなり、どんどん問題を起すようになったり、

心が病んでしまいます(>_<)




わがままをきいてもらうのは子どもではなく

人のわがままをきくことができる愛情を蓄えた“大人”に

欲求を満たしてもらいましょう056.gif


そうすることでイライラすることも減ります001.gif



「ロックに免じて許してよ〜」というセリフが

子どもたちの中で流行って欲しいですね(^▽^)/

「自分らしく生きたいから許してよ」と言ってるのと同じですからね016.gif





c0191985_10405573.jpg
[PR]
by tkei-heart | 2012-04-23 10:44 | 大切なこと | Comments(0)

やさし〜い(*´∇`*)

「もう中学生」さんがとってもやさしい人だということを知りました016.gif


子どもに対しての言葉遣いとか、

雰囲気とか受け止め方とか、

見習いたいほどやさしい方でした。


それに、私、このYouTubeを見て泣きました゚゚(´O`)°゚



「子どもの絵」を自分のことのように

大切にしてくれる気持ちの

本気さがめっちゃ伝わってきます001.gif



よく大人が子どもに

「悪いことはしてはダメ!」なんていうけど、

子どもの気持ちが大切にされていないことが多く

子どもには「あなたはダメ!」ということが伝わってしまうので、

目には見えないけど子どもの心がギザギザになってしまってます。

毎日何回も言われ続けていると回復する間もないです。


もう中さんは、子どもに水をかけられても

「ダメだよ。ぼくの方に飛ばしちゃ〜」と

 “ぼくの方に飛ばしちゃ〜”

と、この言葉がイイです。

この言葉があるから「あなたはダメ!」にはならないです058.gif



ニコニコしながら言ってるのは

もう中さんにとったら子どもをキツく叱ることじゃなくて、

水をかけられるのは困るけど、

水のかけ合いは楽しいという気持ちは知ってるから

あんなに笑ってられるのだと思います。



子どもたちとこんな会話ができると

子どもたちも大人に対して安心しますよね016.gif


これはドッキリでしたが、

もう中さんに子ども番組をやって欲しいです056.gif




c0191985_1220255.jpg
[PR]
by tkei-heart | 2012-04-11 12:28 | 大切なこと | Comments(2)

知り合いに「四柱推命」をしている方がいるのですが、

その方が占っている場所の近くにいたので

いらっしゃるかな〜と思い尋ねてみました。


あいにくその日は不在だったのですが、

お隣で手相を見られていた白髪の紳士のおじさんが

優しく対応してくれたので016.gif

手相を見てもらおうという気になり

「イイことだけ言って下さいね001.gif」とお願いして見てもらったんです。


生年月日と手相で見てもらったのですが、

なんと!!

言われること全部当たってました!005.gif


生年月日だけで、

「音楽が好きではないですか?」とか、

そんなことまで当てられましたよ。


手相も「ココにこの線がある人は前向きな人なんですよ」とか、

「人の言うことを聞かないでしょ」とかね。003.gif


細かいことまで当たっていて驚いたのですが、

わかったことは、

そんな自分に気づいて物事を肯定的にとらえ、

行動しているかどうかなんじゃないかと思いました。


持って生まれた気質は変わるものでも変えるものではなくて、

ありのままの自分を表現できていれば、

それでいいのでしょうね058.gif


「気質は生かしてできることをする!」っていうことが

大切なんだと思いました。


生まれ育った環境でそうなったんじゃないことがあるので

持って生まれてきたものは大切にしたいですね。


否定的にとらえるか肯定的にとらえるかで

大きく人生が変わると思います。


“ダメな人間”なんていないので

自分の気質を肯定的にとらえて

ありのままの気持ちで行動すれば、

なりたい自分になれるんだと思いました。056.gif



手相を見て下さったおじさんは、

「手相なんて、、」とバカにされていたそうなんですが、

見てもらったら当たっていたので

ご自身も勉強して始められたそうです。


占いに興味がある人が占いに来られるので、

「あなたも始められたらどうですか」なんて言われました003.gif

ちょっとその気になってしまっている私です037.gif



c0191985_170582.jpg
[PR]
by tkei-heart | 2012-03-10 17:08 | 大切なこと | Comments(2)

c0191985_21193212.jpg

           ↑↑↑
    子育て支援の講座で使っていたものです。


適切な関わり方は知っておいた方が良いのですが、
自分の思い通りに子どもを動かすことなどできなくて当然なのです001.gif


良いお母さんになろうとすると、
子どもに窮屈な思いをさせた分は
必ず返ってきます。


完璧な子育てはないので
できないことがあってもOKなのです016.gif


c0191985_21204377.jpg

[PR]
by tkei-heart | 2012-02-26 21:34 | 大切なこと | Comments(4)

先日行ってきた「ラブラブライブ」

c0191985_02051.jpg
















ペイント 今川咲恵さん
ギター わたなべゆうさん
パーカッション 池田安友子さん



いつも思うんですが、
自分が好きなアーティストさんのパフォーマンスを見せてもらって
同じ空間にいると、‘もうひとつの日本’を感じます。

世間とは違う感じです。



この日もライブが始まるとき、

「ギターを弾かせて頂きます。わたなべゆうです。」
「パーカーションをさせて頂きます。池田安友子です。」
「絵を描かせて頂きます。今川咲恵です。」

というご本人からの言葉から始まりました。

これだけで、カッコイイ〜!!016.gif

本来は誰もがアーティストですよね。

この世に生まれて、

自分らしく、自分のできることをやればいいのですから。058.gif




咲恵さんはその場で絵を描くライブペインティングです。

ゆうさんのギターが始まったと思ったら

後ろを振り返り、客席をチラチラ見る咲恵さん。

「何かあったのかな?」と思ったら、

お客さん一人一人の似顔絵を描き始めました!!

c0191985_003525.jpg
















「わぁ〜いいアイデアだな〜♪」と思ったら

これはギターのわたなべゆうさんのアイデアだったとかで、

こういうのもいいな〜と思いました016.gif

絵は咲恵さんが担当ですが、

いいな〜と思うことは取り入れるという嫉妬心のないところです(^_^;)




誰でも自分ができることをすればいいだけなのですが、

みんな同じでないと安心しなかったり、

人の目を気にして自分がやりたいことができなかったり、

誰かの言うことを聞かされたりと、

いろいろなことがあって、

自分の気持ちがモヤモヤします。


でも、このモヤモヤした気持ちに気づき、

その気持ちを大切にすることができれば

自分らしくなれるのだろうな〜と思います。


この日はテレビの取材が入っていて

まだ何の番組かは知らないのですが、

こういうアーティストさんから見習うところがたくさんあり

心が洗われる気持ちになりました016.gif

とても心地良い時間を過ごさせて頂きました。






こちらはどなたかがfacebookでupされていた全体の写真を借りてきました。

c0191985_005070.jpg





c0191985_0352599.jpg





[PR]
by tkei-heart | 2012-02-08 00:37 | 大切なこと | Comments(0)