<   2010年 02月 ( 20 )   > この月の画像一覧

中身の濃い人たち。

オリンピックのスケート男子や女子のパフォーマンスや

コメントを聞いたりしていると、

「この人可愛いな♪」(中身) 

とあらためて思うことがありました。


「どんな人に惹かれてるんだろ?」と考えてみたら、

‘そのままの自分を表現している人’に

私の気持ちが動くことに気づきました058.gif



高橋大輔くんは、ケガをしてからの

リハビリも痛くて辛くて逃げ出したことがあるらしいですから、

気持ちのままに行動しいる人なんだと思いました。

本番では自分自身を指先の先まで(いゃそれ以上かもしれない)

表現しているのを見ていると、

高橋くん本人が感じている幸せな気持ちが伝わってきました016.gif



浅田真央ちゃんは、小さい頃から見ていたせいか、

‘成長’を感じさせてくれました。

どんどん上達していく安定感のあるスケートを見ていると、

それだけ練習してきた凄さを感じます。

「悔しさ」を涙や表情でおもいっきり表現してくれて

私はうれしかったですね。真央ちゃんにとって、

経験して成長するためのオリンピックだったかもしれません。

真央ちゃんは日本のトップだったから出場しているだけで、

お世話になった人のためじゃなく

自分のためにやっていることがキモチ良く伝わってきました。


織田君は靴ひもが知らせてくれたことで

自分自身に気づいておもいっきり泣いて、

自分の気持ちを素直にコメントしていたし、


小塚くんは一番年下なのに一番年上みたいな

いつも冷静な顔しているけど、

しゃべったら可愛いですよね(^^)

綺麗な4回転を見せてくれたことが小塚くんらしいと思いました。


安藤美姫ちゃんのフリーでのパフォーマンスが

愛情を充電してもらったからできるような

がんばり過ぎていない自然さを感じてスゴくよかったです♪


鈴木明子さんは、摂食障害を乗り越えたオリンピック選手ですから

スゴいなと思っていたのですが、

いろいろあったからこそスケートが滑れるという幸せ感が

体全体から伝わってきました。


ホントにみんな凄いです☆



しかし、私はテレビを見ながらず〜っと泣いてましたね〜。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

こんな中身の濃い方たちの、

それも若い人の生きる力を見させてもらって感動しました!

そして、この方たちの周りにいる大人の方の

適切なサポートが若い力の人間性の質を

高めてくれているような気がしました。


素晴らしいです〜016.gif


c0191985_1512191.jpg
[PR]
by tkei-heart | 2010-02-27 15:17 | ブログ | Comments(0)

脳科学的にありえないこと。

茂木健一郎さんのブログに
 こんなことが書いてあった。

「天才」は努力する
努力せずにある能力を発揮する回路ができあがることは脳科学的にありえない。
天才は「積み上げの結果」なのだ。

 
 『茂木健一郎 クオリア日記』 脳のトリセツ「天才」は努力する


天才と言われる人は
すんごい努力をしているのだと思う。

クロースアップマジシャンの前田知洋さんが、
「手先が器用だと言われることがあまり好きではない」と言っていた。

最初は「なんで?」と思った。
私は「器用だね」と言われたらうれしいと思ってたのだけど、
「器用」という言葉では済まされないほど
何度も練習して努力しているからなんだということがわかった。

そう思うとそりゃそうだ。
「本当に‘魔法’ってあるんだ!」と思わせるようなあのマジックは
器用だからできることではない。



「実は「子育て」も練習しないとできない。

誰にも教えてもらっていなかったことを
子どもが生まれてすぐに休みなしで育てていくのだから
とんでもないことをしているようにも思う。


特に‘適切な関わり方’というのは練習しないとできない。

そして、その前には
「何が適切なのか」を知らないとできない。



ミルクの量やお風呂の入れ方は聞けても、
子どもが大きくなるにつれて
誰にも聞かずに済ましてしまっていることがたくさんある。

ほとんどの人がそうだと思う。


何度も同じことを聞かされたり
同じことをされていると
脳には回路が作られる。

それが適切でなかったら適切でないまま作られる。

だから適切でないまま伝わっていくのだろう。


適切であれば適切なまま伝わっていく。

これは大きな違いだ!


子どもへの適切な関わり方を知ったなら
何度も練習するとできるようになる。

褒め方にもいろいろあって
適切な褒め方で子どもを褒めてあげることができるようになる。


何度も練習したら脳科学的にできることなんだから、
「こんな私はできない」ということはない。

「脳科学的にできるんだ!」

とわかると自分にもできる希望が見えてくる056.gif


c0191985_2445365.jpg
[PR]
by tkei-heart | 2010-02-27 02:51 | 知っておきたいコト | Comments(2)

好きなことは自分を大切にできる。

昨日は自分を大切にすることを書いたけど、

その話に繋がることで、

この冬、今までなかったことを経験しました。


清志郎さんのことがきっかけになり、

去年の6月にギターを始めたのですが、

「冬」になるのがとても不安だったんです(--,)


というのも、毎日家事をしていると、

手や指先が荒れてしまうので、

冬になるといつも痛い思いをしていて、


「冬が来たら・・・ 
 私 ギター弾かれへんやん!」( ̄▽ ̄;)!!


と思ってました。




ギターを弾きだして、

FやBmのコードの練習で、
(バレーコード゠1本の指で同フレット上の複数の弦を同時に押さえるコード)

左手の人差し指が痛くて曲がらなくなったので

「治らなかったら困るな〜」と思いながらも

2ヶ月くらい様子を見てたのですが、

やはりまだ痛いままで、

骨がヘンなことになっていたらアカンわと思い

整骨院で診てもらいました。


そこの先生は、

電気治療と、私の腕や手や指を丁寧にマッサージをしてくれ、


とても大事に扱ってくれているのを見て、

「私、自分の指なのに大事にしてなかったな〜」と

我に返りました。


それから、家でも自分でマッサージしたり

「今日もありがとう」と声をかけながら

自分の手にクリームを丁寧につけたりしていたら、

痛みがだんだんなくなってきたんです(^_-)v


それに、この冬は

手や指が荒れませんでした!!




どうしてもギターが弾きたかったので

大事にすることができたんだ!と思いました。



好きなことでやりたいことがあった方が

「自分を大切にしたい」と思えるのだと思います。


周りの人に気を遣い過ぎて

気に入られようとしたり

人のことばかり気にしていると

「ジブン」のことを忘れてしまうので、

空回りするのかもしれませんね。


まずは軸になる自分のことを

大切にする気持ちが湧いてくるためにも

好きなことはやった方がいいなと。。。


自分が癒される感じがします016.gif





c0191985_10232786.jpg


[PR]
by tkei-heart | 2010-02-25 10:32 | 大切なこと | Comments(2)

自分を守ってくれる大切な人。

私が大切にしているのはやっぱり一番は自分自身だな〜と思う。


「大切にする」って

スゴく必要だから 重要だから

大きな影響を与えるから

丁寧に扱って大事にすることだと思うのだけど、

自分の気持ちも体もとっても大切。


どんな気持ちも大切なんです。


「イヤだ」と思う気持ちも大切に感じていると、

そこから気づいていなかったことに気づかされる。

そんなとき、

自分に「ありがとう♪」って思う。


悲しい気持ちや寂しい気持ち、

うれしい気持ちも

楽しい気持ちも大切に感じることで

自分を守ってくれているように思う。


もちろん感じるだけでもなく、

気づいたことから行動するのだけど

そうすることで、

自分が喜んでくれているように思う。


そこでまた自分が好きになるんですよね。


自己中心的な意味ではなく、

自分が愛おしく思うんです(⌒-⌒)


このブログのタイトルも『ジブンノミカタ』なんだけど、

自分の最大の味方は私自身(ジブン)です。


自分を大切にしていると

困ったことが起きても

意味のあることだと思えるので

先送りにすることもなく

向き合っていけるみたいです056.gif


c0191985_9582250.jpg
[PR]
by tkei-heart | 2010-02-24 10:14 | 大切なこと | Comments(0)

子どもへの暴力や虐待のこと。

「暴力」はとても怖いです。


でも、子どもを叩いたり

言葉で傷つけてしまうことは多いようです。


テレビやwebニュースでは毎日のように

虐待され命を奪われてしまう子どもの話は聞きますが、

身近なところでも

もっともっと多くの子どもたちが暴力を受け、

虐待されています。



そして、止められる大人がほとんどいないのです。



見て見ぬふりをしたり、

関わると時間がかかり面倒なのかなんだかわかりませんが、

関わってくれないのです。


そして、

「暴力」だと認識していないことが一番の大きな問題です。

「暴力」を認識したくないほど 

 暴力を受け過ぎて 麻痺しているのかもしれません。



行政の子どもに関わる施設でも、

深刻に受け止めて動いてくれる人が少ないです。



具体的な法律ができないと暴力は防げないのでしょう。

暴力を受けて命を奪われる子どもを増やさないように

私も微力ですが真剣に取り組んでいます。


ひとりひとりに毎日できることは

自分の子どもを叩かない、

言葉で傷つけないことですよね。

そして、自分自身の傷つき体験を癒すことだと思います。

[PR]
by tkei-heart | 2010-02-23 10:54 | 社会のコト | Comments(0)

どんどん回復していく人の特徴。

子育て・親育ちの支援をさせて頂いている中で

いろんな相談を受けます。

「子どもがダダをこねたときはどうしたらいいか?」とか

「ご飯を食べてくれないので困っている」とか・・・

誰もが悩むお話ばかりで、

子どもの成長とともに悩みは尽きないです。


お話を聴いて対処の仕方はお話しているのですが、

自分が「アダルトチルドレン」だと気づかれていたり、

「子育てだけの問題じゃない」ことに気づかれていると、

やはり、より深い専門的なお話になってくるので、

プロのカウンセラーさんに話を聴いてもらい

自分と向き合う作業が必要になってきます。


そこで、どんどん回復されて

安心や自信を取り戻されていく方は、

自分のたまった思いを吐き出し、

カウンセラーさんにうんと気持ちを受け止めてもらい、

どんどんいらないものを捨てていけるようになるので、

必要なことがどんどん自分の中に入ってくるようです。


少しずつの作業になりますが、

続けていると少しずつが‘どんどん’になるのです。


相談したいと思う気持ちも大切なのですが、

相談できる環境にある方の方が

回復していくように思います。


そして、気持ちが軽くなり、

その人の本来持っている輝きが出てくるので

とっても可愛いのです016.gif


私も感動します。

「人ってこんなに変わるんや」と。。。


決心することができれば、

前に前にすすんでいける方も多いと思うのですが、

何かがじゃまをしてくるのか、

その場で足踏みしてしまうこともあるようです。


何がじゃまをしているのか?

まずは、‘じゃまをしてくる何か’のことを

相談されると良いかもしれませんね。


c0191985_1943125.jpg
[PR]
by tkei-heart | 2010-02-22 19:47 | 知っておきたいコト | Comments(0)

本当のことを知っているスゴい人。

『暴力と子ども〜子どもを支えるときのために〜』

森田ゆりさんの講演を聴きました。
(森田ゆり主宰エンパワメント・センター)


私は子育て支援活動をする中で

子どもの虐待などには直面してくるので

とても役に立つ興味深いお話ばかりでした。


この講演会は「児童福祉専門援助講座」になっていたので

地域の民生委員さんが参加されていました。

CAPの方や専門的に子どもやお母さん方の支援をされている方が

多かったと思われます。


印象に残ったお話を忘れないように書いておこうと思います。

■『専門』とは何か?
そのテーマに対してしっかりした枠組を持っているかいないか。

部屋にはタンスが必要。‘タンス’のようなもの。
知識をタンスに入れておけば
必要なときに引き出しを開けて使えるが、
知識をもっていても散乱していると
必要なときに使えない。それは専門家ではない。



■『人権』
人が生きていくためになくてはならない
 “人の生きる力”のこと。



■“人の生きる力”とは何か?
→「安心」「自信」「自由」

悩んでいる人困っている人は
「安心」「自信」「自由」が奪われていることがあるので
相談されたときに考える。



■「自由」とは〝自分で選べる〟ということ。
 →自分で選んで結果は引き受けるということで、
  勝手気ままにすることではない。



■人の幸せとは何か?

「愛されること」    「愛すること」
「褒められること」   「褒めること」
「人の役に立てること」 「手伝ってもらえること」



■虐待・DVの被害者の共通点
 誰にも言えないことの深刻な影響。
 →誰にも言えないことで悪化していく。



■「1人でいることがトラウマを形成する」
(シャンドール・フェレンツィ著「臨床日記」)



■大人が子どもにあげることのできる最良の贈り物とは?
   →聴くこと 傾聴する。
   (尋ねるよりも聞くよりも)

能動的傾聴・共感的傾聴・反復的傾聴・具体的傾聴

「なぜ?「どうして?」の質問はなるべく使わない。
→批判することになってしまうから。



■『心の応急手当』
手を当てたぬくもりが
人間の「自然治癒力」を活性化させる。回復していく。

すべての人は自然治癒力を持っている。

回復するかどうかは当人にしかできない。



■怒りの仮面

「怒り」の裏側には傷つき体験からくる感情を持っている
 ・恐れ
 ・不安
 ・見捨てられ不安
 ・悲しさ
 ・寂しさ
 ・悔しさ
 ・絶望
 ・自信のなさ
 ・喪失感



■日本での虐待の弱点は

 →「法律が不十分」

保育園や児童相談所などの福祉施設が見守っていても
見守りきれないので、身内を含めた体制をつくっていくことが必要。



そしてもうひとつ
■『ナイスは生きている』森田宗一著
森田ゆりさんのお父様のお話がとても印象的でした。

ナイスは生きている

昭和24年・家庭裁判所創設以来一貫して少年審判の判事として
非行少年に寄り添うことに情熱をかけた父の原点は、
子ども時代のナイスとの出会いにあったそうです。



森田ゆりさんのお話には説得力がありました。

本当のことを知っておられるスゴい方です。



c0191985_0564323.jpg


[PR]
by tkei-heart | 2010-02-21 01:12 | 大切なこと | Comments(0)

取り戻したいもの。

自分に自信があり

叶えたい夢があるなら

その夢は叶えられる。


・・・と私は思っています。



「そんなこと言われても

 自信なんてないから無理だよ〜」と思ったことがある人は、



『自信』はみんな持って生まれてきているものなので、

大丈夫です058.gif 

始めから持っているものだから。



『自信』→「自信くん」とします。

今はその「自信くん」に何かが覆いかぶさっていたり、

何者かにやっつけられて動けなくなってしまっているだけなのです。


どこにいるかわからないほど

感じられないほど

「自信」くんが閉じ込められているだけなのです。



「自信くん」はもう既に生まれてきている

可愛い可愛い「自信くん」なので、

自分の「自信くん」を助けてあげましょう。


取り戻すことができます。


子どもの頃から自分を否定されてきたり、

暴力を受けていたり、

自分の存在を認められなかった経験があると、

「自信くん」は弱っているので、

少しずつ時間をかけてでも

傷を癒してあげて下さい。


人に褒めてもらったり、

自分を大切に自分の好きなことをしたり、

話を聴いてもらったり、

気持ちを受け止めてもらうことをたくさんすると

「自信くん」が動き出してくれますよ056.gif



c0191985_19513662.jpg
[PR]
by tkei-heart | 2010-02-18 19:55 | 大切なこと | Comments(0)

自分はアダルトチルドレン?

自分自身が「アダルトチルドレン」かどうかを知っておくことは、

とても大切なことです。

「ここテストに出ますよ〜」と言われるくらい重要です!!



子どもを育てるときに


「あ〜そっか。私は親の言うことを聞いてイイ子をしていたきたけど、

本当はしたくないことをしていたからしんどかったんや〜」


とわかると、

子どもが嫌がることをさせようとしたり、

子どもの気持ちを尊重せずに

世間体や親の都合で押し付けようとするのは、

「それが原因やったんや」

とラクになります001.gif



「できない自分が悪い」と思っていたり、

「子どもが悪い」と決めつけてイライラしたりすることも

少なくなります。

自分はわるくなかったことに気づけるんです。


自分の親がわるかったということではなく、

きっと、お父さんやお母さんもそんな風に育てられたので、

人間は育てられたように育ててしまうのだそうです。


でも、子どもの成長のためには「適切ではない」ことだと知ったら

やめておいた方がいいですよね。


子どもを叩いてしつけたり

大人側の要求をキツく強要する人が少なくなり、

争いごとが少なくなります。


自分が「アダルトチルドレン(AC)」かどうか? 

なのですが、ネットで検索しても出てくると思いますが、

簡単に判断できるのは、

子どもと勝ち負けのあるゲームをしたときに

子どもに勝とうとする人は

100%に近くACだと思います。


子育て・親育ちの育児支援グループ 『PEACE OF MIND』
のブログのこちらもご参考にされてみて下さい。

CATEGORY/アダルトチルドレン


ACだったら子どもを育てられないことはないですが、

壁に当たることは多いと思います。


自分と向き合う作業をすることで、

親の心も育ち、子育てもラクになってくるので、

これだけはあきらめずに続けていって欲しいと思います。


c0191985_23111135.jpg
[PR]
by tkei-heart | 2010-02-16 23:14 | 知っておきたいコト | Comments(0)

見分け方。

友チョコなのか、


義理チョなのか、


それとも


本命チョコなのか


どうやって見分けるんやろ?


と思った。


男子はホワイトデーが面倒だろうなとも思う(*^^*)



c0191985_20591622.jpg
[PR]
by tkei-heart | 2010-02-16 18:24 | ブログ | Comments(0)

オレンジからのメッセージ


by オレンジ
プロフィールを見る
画像一覧