人気ブログランキング |

なんで役割にこだわってしまうのか?

最近、母親や妻、嫁などの「役割」のことを書いていましたが、

「なんで役割にこだわってしまうのか?」ってことで、

これだなと思うことがあります。


子どもたちを見ていてもよくわかるのですが、

親の言うことを聞いて、聞かされて、

行動している子どもばかりです。

学校でも自分の意見を言うことができず、

人の意見を否定したり冷やかします。


自分が思っていることが言えないのは、

「思っていても否定されるから言えない」という場合や、

もう既に考える事ができなくなってしまっている子どももいます。


このようになってしまうのは、きっと、

親から毎日毎日、子どもの言うことや行動を否定したり、

「そんなことしたらこうなるよ」などと

親の都合で余計なこと言い続けられてきたから

子どもが自分の考えで行動できなくなってしまったのでしょうね。

自分のすることに『自信』などないし、

何をしていいかわからなくなってしまって当然ですよね。



ほとんどの親は、子どもたちに

マジメに一生懸命がんばることしか教えていないので、

それをやれないとバツをつけます。

「自分のままでいい」ことなんて教えていないですよね。

「努力をしないでどうするのよ」と頑張らせます。



こんな子どもたちが大人になっても、

教えられてきたことが刷り込まれているので、

なんでもキチンとやらなければならないと思い、

頑張り過ぎてしまうのでしょう。


例えば、ポケットの中に、

あめとガムしか入っていないのに、

ビスケットを出そうとするようなものです。

ないものはないのに、出そうとするのです。

これは、マジシャンでも100%無理なことです。

こう考えると、自分の中にあるものしか出せないことがよくわかりますよね。

人ってないものを欲しがるのですよね。


『ありのままの自分でいい』

というのはこういうことなのでしょう。

あめとガムだけでOKなのです。



このように育った子どもたちとは逆に、

毎日毎日、自分を肯定され、褒められたり、

共感してもらっている子どもは、

「自分はこれでいいんだ!」と自信が持てるようになっています。

人の前でも自分の意見が言え、

自由に考え行動できるようになりますよね。


1日のうちに「そうだね」「そう思ったのね」と、

10回も肯定され共感してもらうと、

一週間に70回、一ヶ月に300回。

これが何年も続くわけですからこの違いは大き過ぎますよね。

こうして愛情をたくさん蓄えてもらった子どもは、

打たれ強くなり、跳ね返す力をたくさん持っています。

しんどいことがあれば、自分を守るために休むことを

自由に自分で決めることができるようになるようです。



本来、誰でも自分を守る力は持っているので、

それを取り戻すことはできます。


自分のままを認めてくれる人に

共感してもらって「それでいいよ」と

何度も何度も言ってもらうのです。

回復するためにはそんな人の力も必要です。


休むことは、自分を大事にしていることです。


休めない自分がいても、自分を責めないで下さいね。

誰もわるくはないです。

愛情をたくさん蓄えるために

休んでもいいことを知って欲しいです016.gif


c0191985_113125.jpg
by tkei-heart | 2009-08-16 11:35 | 知っておきたいコト | Comments(0)

オレンジからのメッセージ


by オレンジ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る