人気ブログランキング |

ココでもまたこの話になった。

昨日の記事に書いたNHKスペシャル「日本海軍 400時間の証言」の

最後の回のお話でも、私がいつも危険だと思っている

「役割」の話が出てきました。



軍事裁判では、組織での役割を守り、

個人を守ることができなかったんだそうです。

「またや!」と思いました。


いくつかの裁判の中で、

役割を果たし、若い兵士の命を守っていた方もおられました。

この方は何も悪いことはしていなくて、

組織から責任を被せられ、自分が犠牲になったのです。



役割を果たすということは、

「自分を犠牲にする」ことなのかもしれません。

残酷すぎます。

こんなことはもう終わりにしないと!



「母親の役割」

「妻の役割」

「嫁の役割」


こんな意識がある方は、

“自分自身”を犠牲にしている可能性が高いです。

自分に問い、自分を大切にしてあげて欲しいと思います。


どうしても「役割」が身から離れられない方もおられるかと思いますが、

「騙されている」とでも思った方がいいかもしれません。

ここにはトリックがあるのです。

人を人と扱わず、

道具として扱うような‘からくり’を人間が作ってきたのです。


ほのかさんのブログにも「誰も反対できなくなる空気 」

【機能不全家族】を例にしてお話してくれていますので、

ぜひ読んで頂きたいと思います。




c0191985_15124417.jpg
by tkei-heart | 2009-09-10 15:21 | 大切なこと | Comments(0)

オレンジからのメッセージ


by オレンジ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る