人気ブログランキング |

コレってどう思いますか?

たまに、学校の先生が作るテスト問題で

「そんな問題出したらアカンでしょ!」っていう問題を出して

後でそれが発覚してニュースになることってありますよね。



私が今疑問に思っていることがあるんです。。。




ある中学では


社会のテスト問題が100問もあるんです!!



これを45分間でやらなければならないのです。


多過ぎませんか!?




チェックシートではなく、


記号で答えるところもありますが、


ちゃんと答えを漢字や言葉で書いて答えなければならないのです。


物理的に無理じゃないですかね。



1分に3問は答えないといけないのです。

読むだけでも書くだけでも時間がかかりますよね。



この問題を出す先生が言うには、


テストを作るときに


「出さないでおこうかと思うところでも
 そこを勉強してる子どもがいると思うと
 気の毒だから出してしまう」


と言ってあれもこれもになって

100問になっているようなのです。



なので、どんな問題でも1点なんです。




授業のやり方は、

先生が黒板に書いたのをノートに書いていくということではなく

先生が用意したプリントを配ってノートに貼付ける方式なので、

子どもたちはやる気も出ないと思うんです。



この先生の考え方では

地理でも歴史でも大事なところは全部なのでしょうね。

採点するときもマルが一個1点ですから

数えやすいですよね。



「社会」で、どんな問題でも1点ということがありますか?

100マス計算的なことならわかるのですが・・・。



子どもに勉強を教えるという意味では

子どもたちのことを思ってテストを作ってくれているようには

私には思えないのです。。(・_・)



この話を聞いてどう思われたか、

聞かせて頂けたらうれしいです001.gif



c0191985_058212.jpg
by tkei-heart | 2011-06-13 00:58 | 社会のコト | Comments(0)

オレンジからのメッセージ


by オレンジ
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る