子育ての相談する人としない人。

子育ての相談をする人としない人がいるよな〜と思って、

どんな人が子育ての相談をして

どんな人がしないのかな〜と考えてみると、




人に相談する人は、


子どもと接することがしんどいと思う人。


子どもが自分のように生き辛くなって欲しくないと思う人。


子どもが言うことを聞いてくれなくて困っている人。


子どもが問題を起して困っている人。。。



私の場合は、子どもの人生を大切にしたかったので、

どんな言葉をかけることや

どう関わることが適切なのかが知りたくて

相談していました。




そして、子育ての相談をしない人は、


しんどいけど人には言えない人。


人に相談すると今までの子育てを否定されるんじゃないかと思う人。


こんなもんだと思っている人。


無意識に自分と向き合いたくない人。向き合えない人。


親と子に上下関係がある人。


子どもが言うことを聞かないのが悪いと思っている人。


家庭の話を外でしてはいけないと教えられてきた人。



などなど、これもまたいろんな方がいると思います。




相談をしない人は、

問題がないからしないのではなくて、

あり過ぎてできない人や

不安が高い人が多いようです。



相談する人が周りにいない人もいると思いますが、

人に話を聴いてもらうと、

自分のこと、子どものことが明らかに見えてきて

気づいてなかったことに気づけたり、

ストレスをためこまなくてすんだり、

もやもやイライラしている気持ちが減るので

行政の相談なども利用して欲しいと思います。



でも、相手を間違えると余計にイライラすることもあるので

安心できる人に相談するのが一番ですね001.gif




人に相談する人としない人では

親も子どもも大きく違いができてくるので

親の問題を子どもに引き継がないようにしないためにも

人に話すということを大切にして欲しいなと思います。


c0191985_12321336.jpg
[PR]

by tkei-heart | 2012-04-12 12:39 | 社会のコト | Comments(0)