ちがい過ぎる子育て環境。

奈良に住んでいた私が大阪に引っ越してきて、

気になっていることがあるんです。


それは「子育て環境」に違いがあるということです。


違って当たり前な面はあると思うのですが、

こんなに違うと子どもへの影響は大きいと思いました。



‘大阪のノリ’でもあるのかもしれないけど、


「親が子どもにかける言葉遣いが荒っぽい」


お笑いのツッ込み役のように

「なんでやねん!」
「いい加減にしいや!」

などの言葉をよく耳にします。



それに、今はゴールデンウィークだから

しょうがないのかもしれないけど、

ショッピングモールに夜の10時でも

小さい子ども連れの家族がたくさんいるんですね。

ビックリしました!


お出かけ帰りのような親子や、

お家から出てきている親子。



私が住んでいたところは夜の11時まで

開いているお店がなかったからかもしれないですが、

「この子たちは今ここにいたら家に帰って何時に寝るの?」

と思いました。


3歳ぐらいの子どもでも家の玄関先で遊んでいて

道路に出てきてる光景も見ました。




奈良は「教育県」とも言われる地域だったので

塾に行く子どもたちが多く、

外で遊んでいる子どもはあまり見かけないほどだったのですが、

大阪では、楽しそうに自由に遊んでる子どもたちを見ます。

「奈良ではありえへんよな〜」と。。


塾で勉強する(勉強させられている?)子が多いので

学力は高い方ですが、学校での暴力の件数も多かったようです。

奈良は専業主婦が多いのでお母さんたちのストレスも高いから

子どもに八つ当たりしてしまうケースもあり

子どものストレスも高かったのかもしれませんね。



そして、やはり大阪では若〜い夫婦が多いですね。

「お兄さん」や「お姉さん」たちに子どもがいます。

働いているお母さんも多いと思います。



きっと他の都道府県にも

いろんな違いがあるのだろうと思います。


どこがイイとか良くないとかというのではないのですが、

それぞれの地域で、人が抱えている問題や

「夜11時まで店を開けとかないといけないのかな」

などと思う社会の問題などがあり、

そんな環境の中で子どもを育てていくのは、

本当に難しいことだと思いました。



そう言えば・・・

平日の方が泣いている子どもの数が多いような気がしました。

お母さんが一人でいっぱいいっばいになって

泣いてる子どもと頑張ってるんですよね。


お母さんも少しでもラクになって欲しいし、

子どもたちも楽しく過ごせる毎日であって欲しいですね056.gif



c0191985_0431671.jpg
[PR]

by tkei-heart | 2012-05-06 00:45 | 社会のコト | Comments(2)

Commented at 2012-05-08 10:52 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by tkei-heart at 2012-05-08 13:37
鍵コメさんへ

それはよかったです☆
自分ひとりだとしんどくなりますよね。
またメールします(^-^)